気になる汗にはこんな対策がおすすめ! 私が行った汗対策について

夏になると、脇汗をかいてしまい、脇を挙げた時などに、汗染みがついて、何だか恥ずかしいものです。また顔汗がひどい人にとって夏は本当嫌な季節。

そのため、汗をかいたら、すぐに拭きとったり、汗取りパットなどを使うのも良い方法です。他にも、汗が酷い私の場合は、このような物を利用して、汗対策をしています。

[ 1 ] 緑茶で制汗スプレーを作っています!

私は緑茶が飲むのも、香りをかぐのも好きであり、緑茶を使った化粧水なども、一時は手作りして使っていました。
そのため、粉末緑茶と水で作ったスプレーを夏場は持ち歩いて、汗をかいた時などは、それを吹きかけて臭いを取っていました。
緑茶には殺菌成分があるため、口臭予防に効果があると言われていますが、脇汗にも効いたのかどうかは分かりません。
けれど、私自身は今でも制汗スプレーとして使っています。

[ 2 ] ベビーパウダーで汗を抑える!

また、嫌な脇汗には、ベビーパウダーを先に塗っておくと、汗をかいた時には、パウダーが汗を吸ってくれますので、汗染みが目立たなくなり、脇の不快さも無くなります。
これは以前から使っていましたが、緑茶スプレーのほうが私は好きなため、緑茶スプレーに比べると、ベビーパウダーはあまり使ってはいません。
けれど、脇以外にも、首の湿疹などにも、ベビーパウダーが効きましたので、肌が荒れた時などに、残ったパウダーを使っています。

顔汗にはサラフェがおすすめです!こちらもパウダータイプ!

[ 3 ] ダイエットをして痩せる!

肥満体質の人は、やはりよく汗をかくと言われているようです。
私も肥満体質であり、妊娠したことで、体重が80キロ近くまで増えました。
そのため、汗を頻繁にかいており、臭いもきつかったのですが、出産後は、育児などで忙しく、間食などもしなかったため、一気に体重が減少しました。
現在は50キロ前後ですが、妊娠前は60キロ近くありましたので、前よりも痩せることが出来ました。
また、痩せたことで、夏でもあまり汗をかかなくなり、脇汗も少なくなりました。

他にも、汗をかいたらすぐに着替える、汗をかかないように、出来るだけダイエットをして、体重を減らすなどの工夫も行いました。
汗は不快なものですが、きちんと対策をして、周りに嫌な思いをさせないようにすることも大事だと思います。