ヘアケアするなら洗髪に細心の注意を

一番日常的に行うヘアケアの基本は、何と言っても洗髪です。
よほどのことがない限り誰でも毎日お風呂に入るのはマナーですし、そうなれば洗髪もついでに、となるので、必然的に日常の中で一番髪を触る機会でも有ります。
ここで下手なことをすれば、頭皮に悪影響を及ぼすのは、想像に難くありません。

髪を洗う時には最初からシャンプーを使わず、まずはお湯だけで埃を洗い流し、それからシャンプーを手に出し、指の平で揉むように洗います。
ガシガシと力を入れたり、爪を立てて洗うのは、当然頭皮にダメージを与えます。
優しく、丁寧に、頭皮を揉むように洗いましょう。

力を入れてしっかり洗わないと汚れが落ちない気がする、と言う人もいますが、髪についた埃はお湯で流すだけでも十分落ちますし、シャンプーは汚れではなく髪の皮脂を洗い流すのが目的であり、力を込めることよりも満遍なく洗うことの方が重要です。
一度洗ってもまだ髪が油っぽく感じるなら、もう一度洗髪すればいいだけのこと。

髪にシャンプー剤をつけたら当然洗い流すわけですが、ここも洗い方に負けないくらい重要なポイントです。
髪に残ったシャンプーは肌にダメージを与え、頭皮に悪影響をおよぼすだけでなく、おでこニキビの原因にもなります。
残ってるかどうかを目で確認できないので、お湯が濁らなくなってきたからと言って止めず、念入りに洗い流しましょう。

コンディショナーやトリートメントは髪の状態を整えるものですが、頭皮には付着させる必要はなく、付着したままだと悪影響なものなので、髪にだけ行き渡るようにしつつ、これも充分以上に洗い流すよう心がけましょう。
髪の状態を整えるコンディショナーで頭皮にダメージを与え、結果として育毛状態が悪くなったら本末顛倒です。

シャンプーもコンディショナーも、とにかく丁寧に洗い流す事が肝心。
洗髪にかかる時間の半分以上は、シャンプーやコンディショナーを洗い流すことに時間を掛けるくらいのつもりでもいいくらいです。