100ストロークをやってみた

アメリカ人の友人から、「おばあちゃんおススメのヘアケア」として教えてもらったものです。

朝・晩に髪をブラッシングするときに「100回ブラッシングする」というものです。
日本にも昔からのお手入れ方法として同じようなものがある、と聞いたことがあります。
朝に100回のブラッシングは時間的に余裕がないとなかなか難しいですが、夜寝る前なら実行することができます。

ポイントは「地肌をマッサージするように・毛先までもつれがないようにしっかりとブラッシングすること」だそうです。
友人のおばあさんが自分のおばあさんから教えてもらったときには「髪の毛がパチパチするくらい」と言われたそうですが。
パチパチするということは静電気がおきているということで、髪にはよくないのではないかと思います。

実際、友人も静電気が起きるくらいしっかりブラッシングしなさいということだと思うと言っていました。

友人が実際にいろんな人に聞いたりしてやってみたところ、髪の毛にコシがでてきてまとまりやすくなったということでした。

そこで、私もさっそくやってみることにしました。
友人が自分で調査したポイントも教えてくれたので、それも含めて実行しました。

まず、ブラシは獣毛を使うこと。
毛先や頭皮にオリーブオイルかアロガンオイルなどをつけてから行うこと。
力をいれすぎないように、地肌をこするのではなくなぜるような気持ちで行うこと。
これらが友人が教えてくれたポイントです。

日本には昔からのヘアケア道具としてツゲのクシがありますが、最近はブラシタイプもあります。
そこで、私はツゲのブラシに椿油でやってみました。
朝は忙しいので夜だけです。
2週間毎晩続けたところ、乾燥してパサついていた毛先がだいぶ落ち着いたように思います。
抜け毛の量もちょっと減ったかなという気がします。
髪の毛そのものよりも、地肌をしっかりとマッサージするような感覚でした。

朝は100回は無理ですが、毛先だけにオイルをつけてちょっといつもよりも丁寧にブラッシングするようにだけ心がけました。

100回のブラッシングは、きれいな髪の毛をつくるために地肌をケアすることなのだな、と思います。

気になる汗にはこんな対策がおすすめ! 私が行った汗対策について

夏になると、脇汗をかいてしまい、脇を挙げた時などに、汗染みがついて、何だか恥ずかしいものです。また顔汗がひどい人にとって夏は本当嫌な季節。

そのため、汗をかいたら、すぐに拭きとったり、汗取りパットなどを使うのも良い方法です。他にも、汗が酷い私の場合は、このような物を利用して、汗対策をしています。

[ 1 ] 緑茶で制汗スプレーを作っています!

私は緑茶が飲むのも、香りをかぐのも好きであり、緑茶を使った化粧水なども、一時は手作りして使っていました。
そのため、粉末緑茶と水で作ったスプレーを夏場は持ち歩いて、汗をかいた時などは、それを吹きかけて臭いを取っていました。
緑茶には殺菌成分があるため、口臭予防に効果があると言われていますが、脇汗にも効いたのかどうかは分かりません。
けれど、私自身は今でも制汗スプレーとして使っています。

[ 2 ] ベビーパウダーで汗を抑える!

また、嫌な脇汗には、ベビーパウダーを先に塗っておくと、汗をかいた時には、パウダーが汗を吸ってくれますので、汗染みが目立たなくなり、脇の不快さも無くなります。
これは以前から使っていましたが、緑茶スプレーのほうが私は好きなため、緑茶スプレーに比べると、ベビーパウダーはあまり使ってはいません。
けれど、脇以外にも、首の湿疹などにも、ベビーパウダーが効きましたので、肌が荒れた時などに、残ったパウダーを使っています。

顔汗にはサラフェがおすすめです!こちらもパウダータイプ!

[ 3 ] ダイエットをして痩せる!

肥満体質の人は、やはりよく汗をかくと言われているようです。
私も肥満体質であり、妊娠したことで、体重が80キロ近くまで増えました。
そのため、汗を頻繁にかいており、臭いもきつかったのですが、出産後は、育児などで忙しく、間食などもしなかったため、一気に体重が減少しました。
現在は50キロ前後ですが、妊娠前は60キロ近くありましたので、前よりも痩せることが出来ました。
また、痩せたことで、夏でもあまり汗をかかなくなり、脇汗も少なくなりました。

他にも、汗をかいたらすぐに着替える、汗をかかないように、出来るだけダイエットをして、体重を減らすなどの工夫も行いました。
汗は不快なものですが、きちんと対策をして、周りに嫌な思いをさせないようにすることも大事だと思います。

抜け毛を防ぐために私が行っている事 

私は30代半ばで出産をしてから抜け毛に悩まされるようになりました。それまでは抜け毛は多少は気になってはいたのですが、それほどまでに気になると言うような感じでも無かったので、全く気にもしていませんでしたが、出産直後から始まった産後の抜け毛を始めとし、今まで以上に抜け毛が酷くなってしまいました。産後の抜け毛は1年ぐらいで治まったのですが、その後また新しく髪の毛が生え始めて来たのでホッとしていました。

でも、実際にはその後もまた徐々に抜け毛は続くようになって、40代になった今では抜け毛がとても酷くて髪の量が20代の頃の半分くらいになってしまっているので、すごくショックを受けています。なので、私はシャンプーも地肌に栄養を与えてくれるようなシャンプーにしてみたり、シャンプーをする時には必ず頭皮マッサージをしてみたりしていましたが、余り効果が無かったので、最近では頭皮ケア用のシャンプーに変えて、とにかく頭皮を清潔にしてくれるようなシャンプーで髪の毛を洗うようにしました。もちろん洗う時には必ず頭皮をしっかりとマッサージするようにしながら丁寧に頭皮の汚れを落とすように心掛けました。

そして、髪の毛もセミロングだったのですが、髪の毛が長いと余計と重たいので抜け毛の原因になってしまうのではないかと思ってショートに変えました。そうしたら抜け毛の量が減ったような気がします。それに、抜け落ちてしまった抜け毛を見ても、長い髪の毛だと数本抜けていても結構たくさん抜けてしまっているような感じに見えてしまうのですが、短いと数本抜けていても、それほどの量には見えないので、抜け落ちている髪の毛を見た時のストレスの量が違うので、それだけでも多少は抜け毛を防げているのではと思っています。と言うのもストレスも抜け毛には良くないと言われているので、なるべくどんな小さなストレスでも溜め込まないようにしていかないといけないと思っているので、ちょっとした事でも気になる事が有れば直ぐに解決するようにしています。

シャンプーを地肌ケア用に変えたり、髪の毛を短くしたり、マッサージをしたり、ストレスを溜めないように気を付けたりする事で多少でも抜け毛が減ってくれた気がするので、これからも続けようと思っています。

ヘアケアするなら洗髪に細心の注意を

一番日常的に行うヘアケアの基本は、何と言っても洗髪です。
よほどのことがない限り誰でも毎日お風呂に入るのはマナーですし、そうなれば洗髪もついでに、となるので、必然的に日常の中で一番髪を触る機会でも有ります。
ここで下手なことをすれば、頭皮に悪影響を及ぼすのは、想像に難くありません。

髪を洗う時には最初からシャンプーを使わず、まずはお湯だけで埃を洗い流し、それからシャンプーを手に出し、指の平で揉むように洗います。
ガシガシと力を入れたり、爪を立てて洗うのは、当然頭皮にダメージを与えます。
優しく、丁寧に、頭皮を揉むように洗いましょう。

力を入れてしっかり洗わないと汚れが落ちない気がする、と言う人もいますが、髪についた埃はお湯で流すだけでも十分落ちますし、シャンプーは汚れではなく髪の皮脂を洗い流すのが目的であり、力を込めることよりも満遍なく洗うことの方が重要です。
一度洗ってもまだ髪が油っぽく感じるなら、もう一度洗髪すればいいだけのこと。

髪にシャンプー剤をつけたら当然洗い流すわけですが、ここも洗い方に負けないくらい重要なポイントです。
髪に残ったシャンプーは肌にダメージを与え、頭皮に悪影響をおよぼすだけでなく、おでこニキビの原因にもなります。
残ってるかどうかを目で確認できないので、お湯が濁らなくなってきたからと言って止めず、念入りに洗い流しましょう。

コンディショナーやトリートメントは髪の状態を整えるものですが、頭皮には付着させる必要はなく、付着したままだと悪影響なものなので、髪にだけ行き渡るようにしつつ、これも充分以上に洗い流すよう心がけましょう。
髪の状態を整えるコンディショナーで頭皮にダメージを与え、結果として育毛状態が悪くなったら本末顛倒です。

シャンプーもコンディショナーも、とにかく丁寧に洗い流す事が肝心。
洗髪にかかる時間の半分以上は、シャンプーやコンディショナーを洗い流すことに時間を掛けるくらいのつもりでもいいくらいです。

ダバード

美容室のシャンプーっていいの??!!

今はドラッグストアなどでも本当にたくさんの商品を目にします。その中からどれを選べばいいか分からなくなりますよね。

また普段行く美容室にもシャンプーやトリートメントをおいているのを目にします。でも実際高いんぢゃないかな?とか、効果ってどう違うの?と思っていても、聞いたら買わされたらどうしよう。。なんて思って疑問をそのままにしている方って多いんじゃないかと思います。

そんな方へ向けて今日は“美容室のシャンプーってどう違うの?”ということについて書きたいと思います。最近CMや雑誌でも“ノンシリコン”というワードを見聞きしたことのある方もいると思いますが、美容室のシャンプーはいわゆるノンシリコンシャンプーが多いです。

反対によくドラッグストアなどで売られているシャンプーは“シリコン”を含んだシャンプーが多いです。

ではどう違うのでしょうか?シリコンの入ったシャンプーで洗うと、髪の毛をシリコンの膜でコーティングするのです。それを毎日し続けるとカラーの染まりが悪くなる原因になったり、パーマがかかりにくくなったり、髪が硬くなり毛先のしなやかさも失われたります。美容室で売られているシャンプーの多くは、シリコンをほぼ含まないものが多く髪の毛への負担も少ないのです。

市販のシャンプーは石油系の洗浄成分でできているものが多く、これは台所洗剤と同じようなものとも言われています。髪は水に濡れている時が一番デリケートなので、シャンプーの時は洗浄成分の優しいものであらってあげてください!

美容室シャンプーの多くは、髪の毛の成分であるたんぱく質の元となる“アミノ酸”由来の洗浄成分でできたシャンプーなので、洗浄時のダメージもすごく少ないです。またドラッグストアのシャンプーがお値段数百円なのに比べて美容室のシャンプーは倍くらいしたりもします。しかし、含まれている成分が自然由来のものであったり、ダメージを補修する成分が入っているのでお値段もお高めになっています。シャンプーは毎日することなので、日々の積み重ねが半年後・一年後の美しい髪の毛を育てる秘訣です!